まず初めに にわか任売業者に気をつけましょう

任意売却とは、不動産ローンの融資を受けている人と各金融機関との合意のもと、
競売の入札開始前に債務を整理して、不動産を任意に売却する方法です。

■例えば・・・
 住宅ローン・借入金等の支払いが何らかの理由で困難になった場合
 住宅ローン返済・苦しい・支払いが出来ない・何らかの理由で困難になった場合


【通常は不動産の競売に・・・】
 金融機関などが担保不動産を差押え、不動産競売の申立て。

【任意売却で不動産を売却すると・・・】
 金融機関などにお願いして、競売で処理されるのを一般販売をさせてもらう。

   下記に、さらに詳しくご紹介します。



状況に合わせて様々な措置が可能です!

競売で回収するお金よりも、少し多く回収出来る。
少しでも多くお金が回収できることにより、
金融機関などが任意売却処理後の借金の返済に柔軟に対応して貰えるのです。
その他、話し合いにより、引越し費用等を手当てしてもらえることもあるのです。
「競売決定通知通知」が来てしまった後でも
対応可能。
任意売却は短期間で問題を処理できるのが大きな特徴です。
競売されるはずの不動産を一般の不動産市場に売りに出して、
市場価格に限りなく近い価格で売却を試みることも可能なのです。

この場合、「競売決定通知」を受け取ってしまった後、時間との競争になります。
そのまま放って置くと「入札期日」の通知が送られてきます。
この「入札期日」が届いてから慌てて任意で物件を売却をしようとしても、
現実問題としては不可能な場合が多いといえます。
残債務を支払い可能な金額で契約可能。
任意売却後に、たとえ債務が残っても、
債権者・抵当権者の合意を得て任意売却した場合は競売とは違い、
新たな生活をスタ−トするのに支障のない範囲(例えば月に1万円〜3万円)で
残債務を毎月支払う契約を結ぶことにより、常識的な債権者・抵当権者は
給与差押等の強制執行は行わないケースがほとんどです。

当社の価値はあなたがお決め下さい!

任意売却での整理業務は、ただ単に不動産を売却すればよいというものではありません。

任意売却後の残債務の整理を含めた重要な問題を抱えた業務となるので、
十分な経験と専門的な知識をもとに、慎重に取り扱う必要があります。

ほとんどの場合、弁護士、司法書士などの各専門家の協力が必要となります。
つまり、いかに専門分野とのネットワークが強固であるかが、重要なカギとなります。

また、任意売却後に残ったローンの支払いを、
あなたが納得出来る支払い額で決着することで、
当社をご利用いただいた価値としてご認識いただければ幸いです。

まずはお問い合わせください
離婚に伴い住宅ローンの支払いに支障が出始め、
 先行きローンの支払いの延滞が考えられる。

競売にかけられてしまった。
物件が担保割れ・オーバーローン状態で、売却を不動産屋に断られた。

第一歩は、先ず私どもにご相談するところからはじまります。 
経験豊富な不動産任意売却専門スタッフが最後の最後まで責任を
持ってお世話させていただきます。
専任媒介契約・業務委託契約
ステップ1でお話をおうかがい、ご納得いただければお客様の物件を販売する為に、また債権者と交渉にあたる為に、専任媒介契約を結んでいただきます(費用は一切かかりません!)
専現地調査・販売活動
ご依頼者様の住宅ローン返済の状況・債権者の状況をリサーチ・分析。
任意売却の立案をします。
債権者との交渉そして同意を得、物件の販売活動を行います。
販売活動を行い、買い主を見つけます。

日本各地にございます提携会社とも密なる連絡を持って素早く販売することを心がけております。
債権者との交渉
買い主が見つかると、債権者との販売価格の交渉を行います。
債権者全社と抵当権の解除。差押えの取り下げの交渉を行います。
上記行程と平行してご依頼主様の引越先を探します(必要であれば)。
残債務に関する支払いの交渉を行う。
債権者との合意・売買契約
売買代金の決済。
物件のお引き渡し。
仲介手数料の清算(債権者より)
引っ越し代を出してくれる債権者も有ります。


広島の不動産・住宅・土地・マンションの売却・買取・任意売却査定は住宅システム販売株式会社
広島県知事(4)第8392号 広島県広島市西区上天満町2-32 Tel:082-297-1341
Copyright(c)2008 jyutaku-system-hanbai All rights reserved.